●オリジナル水素吸入機の紹介

 新発売!!

<世界初>
アロマ吸入機能付きオリジナル水素吸入機
        
(特許出願中、登録商標出願中)

※3週間お試しレンタル制度あり!
 レンタルの際は、本体代金よりレンタル代金を割り引いた差額分で購入できます!
    → 詳しくは
コチラ




  img_20151119-235551.png



表参道首藤クリニック院長、首藤医師が監修・制作指揮により完成した新しい水素吸入装置

『Dr.SHUTO H2 Aroma Generator』
(アロマ水素吸入装置)


です。

専用のデバイスを装着することで、水素ガス吸入とともにアロマセラピー(吸入)も同時に可能です。
水素ガスの吸入とアロマセラピーを同時におこなう装置の開発は、本製品が世界で初めてです。

※『アロマ水素』の呼称は本製品が初めて使用する呼称であり、現在、登録商標出願中です。


水素吸入装置は電気分解式です。本製品の電気分解様式に関しては現在特許出願中です。



※アロマ吸入なしで、水素ガス吸入のみでの使用も当然OKです。



img_20151119-200137.png   img_20151119-235700.png



<動画>
アロマ水素吸入機使用による末梢血液循環改善の様子の動画をアップしました。
https://www.youtube.com/watch?v=yTmwlAYwlOY

◆動画の解説
本吸入機使用前は、末梢血液循環が良くないのですが、吸入開始後5分、10分…と経過するにつれて末梢血液の流れが非常に良くなっているのがわかります。



<特徴>
1.
世界初の「アロマ水素」機能


専用のデバイスをセットし、アロマオイルを充填させることにより、水素ガス吸入とアロマセラピー(アロマオイルの吸入)が同時に可能です。

※アロマ吸入なしでの使用(水素ガス吸入のみでの使用)も、可能です。


2.体調不良の原因となりうるオゾンガス発生の心配がありません
過剰にオゾンガスを吸入した場合、頭痛や体調不良の原因となる場合があります。
一般的な電気分解方式では、過剰なオゾンガスが発生し、体調不良をきたした報告がありますが、当製品では純粋な水素ガスだけが発生するため、オゾンガス吸入の心配がありません。
オゾン濃度(ppm) 生体への作用
0.01〜0.02 多少の臭気を覚える。(やがて馴れる)
0.1 あきらかな臭気があり、鼻やのどに刺激を感じる。
0.2〜0.5 3〜6時間曝露で視覚が低下する。
0.5 あきらかに上部気道に刺激を感じる。
1〜2 2時間曝露で頭痛、胸部痛、上部気道の渇きとせきが起こり、曝露を繰り返せば慢性中毒にかかる。
5〜10 脈拍増加、体痛、麻酔症状が現れ、曝露が続けば肺水腫を招く。
15〜20 小動物は2時間以内に死亡する。
50 人間は1時間で生命危険となる。
 日本オゾン協会刊行『オゾンハンドブック』より引用


3.60分以上の連続運転が可能
本装置では、連続運転による発熱により電気分解が中断する心配がありません。そのため60分以上の連続運転が問題なく行えます。


4.早い起動時間
スイッチを入れると、すぐに水素ガスが発生し、吸入できる仕組みですので、準備や待ち時間は不要です。


5.簡単操作で小型・軽量
複雑な操作は一切不要で、女性や高齢者でも簡単に操作できます。
水素ガスの発生も、発生しているガスの泡を目で見て確認できます。
暗闇でもLEDにより視認可能。



6.高い安全性と高い安定性
引火の危険性がない4%未満の水素ガス(概ね2.5〜3.5%前後)を供給しています。
本装置で60分の水素ガス吸入をおこなった場合、
約64.7rの水素ガスが発生します。
これは、1.2ppmの高濃度水素水500ml約107本飲む量の水素に相当します。


※肺から水素がどの程度体内に吸収されるかは、現時点では科学的データはありません。また、水素ガスの体内への吸収量にも個人差があると考えられます。


7.安いランニングコスト
本製品は、ランニングコストが安くなるように設計されています。
毎日1時間の利用で、1か月の電気代は約25円です(1kwh20円で計算)。
本装置は電気分解方式ですので、使用頻度にもよりますが、一般家庭の使用量ですと、おおよそ数か月に1回、電解槽に「精製水」を補充する必要があります。この精製水は、お近くのドラッグストア等で、1本100円程度で購入可能なものです。
吸入に使用するカニューラ(鼻用チューブ)も、一般的な通販サイトで、1本あたり数百円〜1000円以内で購入可能です。



8.水素が発生しているかどうかがわかりやすい
水素が発生しているかどうかわかりにくい、という声がこれまでありました。本製品では、以下の理由で、水素がちゃんと発生しているかがわかりやすい構造になっております。
(1)水素が発生している泡がLED付きの窓から確認できます。
(2)鼻カニューラから水素ガスの気流が感じられるように設計しています。




9.特許出願中
独自技術によるオリジナリティーの高い製品です。